有田焼*雲型豆皿*

有田焼 伝平窯

伝平窯の歴史は古く、

江戸時代後期にさかのぼります。

有田焼の祖と言われる李参平が

磁器の原料となる

陶石を発見した泉山磁石場、

そのふもとにある大公孫樹の下で

伝平窯の歴史は始まりました。

 

そうした歴史ある窯だけに

料亭などからの信頼も厚く、

「頼まれればどんな器も創れる」

工房として、

人気を博していました。

 

しかし、窯の個性、ひいては

有田らしさとは何かということを

模索し、

シックな色とユーモラスな形を

両立させるのが、

有田焼伝統の技術の力とし、

400年の歴史が現代と出会いました。

 

赤筋斗雲(描き)雲型豆小皿です。

 

 

筋斗雲(描き)雲型豆小皿です。

 

染朱雷雲雲型豆小皿です。

不穏な雲がかかってきました。

 

染濃雷雲雲型豆小皿です。

 

 

 

 

 

紺釉 雲型豆小皿です。

雲が色濃くなりました。

シックな印象が強くなっています。

 

どの雲もまったく違う雰囲気となっており、

ますますちいさな豆皿のせかいに

おおきな魅力が伝わります。